外呑みの記憶

Road of surrender.

おびひろ縹@帯広

f:id:sotonominokioku:20180415195042j:image

連食。ちょうどお父さんが暖簾を出してました。

f:id:sotonominokioku:20180415195059j:image

ハイテクなのを使っての雪下ろし。お疲れ様です。

f:id:sotonominokioku:20180415195158j:image

お父さんに我が師から聞いた旨をお伝えし、奥のカウンターへ。とりあえずルービー。

f:id:sotonominokioku:20180415195253j:image

お母さんに牡蠣の時期にまた来ますねとお伝えし、今日は鴨南を。意外にもしっかりした醤油出汁。お蕎麦は更科の極細。カモカモしてなくて、スルリと美味い。終盤、七味で〆上げる。


お会計時、我が師からの紹介だとお父さんから聞いたとの事で、わざわざ若旦那さんが出てきていただく。あまり蕎麦には詳しくないけど、せいろやもちろん牡蠣やら、色々食べてみたい。また来ます。

 

f:id:sotonominokioku:20180415201102j:image

f:id:sotonominokioku:20180415201110j:image

f:id:sotonominokioku:20180415201134j:image

f:id:sotonominokioku:20180415203336j:image

娘の幸せ、ただそれだけが願い。

インデアンカレー@帯広

本日も初歩的なミスを犯し、しばしタクシーの運ちゃんとドライブ。後にこの運ちゃんと運命的な再会を果たすので、これも縁だ。

f:id:sotonominokioku:20180415193948j:image

某所で散財し、開店に合わせ訪問。本当は昨日の〆に寄るつもりだったんだけど、最近、閉店時間が早まったのを、貼り紙で知る。

f:id:sotonominokioku:20180415194131j:image

インデアンカツ。ご飯残しちゃったので、少なめにすれば良かった。申し訳ない。運ちゃんも言ってたが、帯広人のソウルフード。運ちゃんの奥さんも月に1〜2度、これが食べたくなり、ルーお持ち帰りをするそうだ。

 

大阪のインディアンカレーとは似て非なるもの。味はごくごく一般的なカレー。ソウルフードとはそういうものなんだよね。ご馳走様。美味かった。

魚千@帯広

f:id:sotonominokioku:20180415190737j:image

本日のメインイベント。何でここに行きたいって思ったのか、未だに思い出せず。

f:id:sotonominokioku:20180415190836j:image

満員大盛況。カウンターに一つ空いた席に陣取らせてもらい、生を。中央に焼き場があるのだが、何やらぶっとい魚が焼かれていたので、あれは何?と聞くと、銀ムツのカマ焼きとの事。あんなデカいの?もちろんオーダー。

f:id:sotonominokioku:20180415191303j:image

待っている間、恐らく看板メニューのホタテ刺しと銀カレイのエンガワを。「セットにして出してあげようか?」と。反射的にお願いしますと言ったが、あとで半人前ずつで一皿というのに気づく。エンガワのアブラが酒を進ませる。ホタテ刺しは実は苦手なんです。

f:id:sotonominokioku:20180415191649j:image

山ワサビがどうもこのお店の売りの様。お酒をお願いし、刺身を食べていたら、はいよ!と。なすときゅうりの塩もみ。山ワサビと一緒にさっぱり美味い。サービスの様に出されたけど、特にサービスとも言われなかったので、きっとそういう事なんだろう。

f:id:sotonominokioku:20180415191635j:image

そして銀ムツ。程よい塩加減が。食べ応え。お酒3つ目かな?

f:id:sotonominokioku:20180415192031j:image

小上がりさんが頼んでたじゃがバターが美味そうだったのでお願いすると、「最後にさっき残った銀ムツの皮を使ったラーメン出すけど、食べられる?」と。食べられます。しかし、時間を掛けて、じゃがいも煮てましたね。あれが美味い秘訣なの??〆のラーメンはホタテたっぷり、スタンダードな魚介ラーメン。皆さんにご提供されてましたが、出汁は一つ…他人のアラも入ってるって事か。。。

f:id:sotonominokioku:20180415192611j:image

f:id:sotonominokioku:20180415192626j:image

お酒5合とこちらで9900円。納得。ママさん、みっちゃん、いくちゃんの三人で切り盛り。しかし、ママさんのパワハラは賛否両論だろうな。お隣の常連さんも、今日は控えめで良かったとか言ってたし。Sっ気のある人なら問題ないんでしょう。

鳥辰@帯広

二郎の後、最寄りのジムに行き、1キロ泳ぎ、再び駅に戻る。

f:id:sotonominokioku:20180415173913j:image

f:id:sotonominokioku:20180415173931j:image

ルービーを買い込み、2時間半の電車移動。サッポロクラッシック春の薫り、ポップ香が心地良い。しかし北海道は、とにかくスケールがデカい。あの畑では何作ってるんだろか。

f:id:sotonominokioku:20180415174242j:image

f:id:sotonominokioku:20180415174252j:image

f:id:sotonominokioku:20180415174219j:image

5時にホテルにチェックインし、開店時間の5時半に店に着くと、暖簾が出てない。人の居る気配もない。唯一、店中の裸電球の様な灯りが灯っていたので、やるんだろうと、街を少し徘徊。帯広、長屋系の小道がいっぱいあって、面白そうですね。北の屋台のこころに入ろうかとも思ったのだが、ちょっと苦手な感じだったので、6時5分前に店前に戻る。

f:id:sotonominokioku:20180415174852j:image

6時2分前に灯りがともり、6時ジャストにおばちゃんが暖簾を出す。少しだけ間を置いて暖簾をくぐる。

無言で入ると、なんだ!?と親父さんにがなられる(笑)一人なんですがいいですか??と聞くとおぉ!と。完全に不審者を見る目(笑)

f:id:sotonominokioku:20180415175222j:image

ビールはアサヒかキリン。もちろんキリン。初めは怖かった親父さんも、お客と判ったようで、釣りの話やら市長選の話やらで、徐々に。

f:id:sotonominokioku:20180415175400j:image

f:id:sotonominokioku:20180415175416j:image

名物の若鳥焼きと、なんとなく皮とロースをお願い。まぁまぁ普通の串焼き。

f:id:sotonominokioku:20180415180653j:image

若鳥焼きが焼けたタイミングでお燗を。お酒は2合から。一応、冷酒もある。若鳥焼きも普通よ。普通だけど美味い。カウンターから眺める、親父さんの真剣な表情、常連さんのつまらないギャグ、それらみんなスパイスなんですね。

ラーメン二郎 札幌店@札幌

f:id:sotonominokioku:20180415165601j:image

寄らねばならないもう1件。1015外待ち1。PP奪えず。なんか我が師も同じ状況だったことがあったな(笑)

f:id:sotonominokioku:20180415170238j:image

「お久しぶりです、2年ぶりっスネ!」少し痩せて、より男前になった純ちゃん。新潟で飲んだのが最後でしたね。5周年おめでとうの1Lパックのジャスミン茶(何故1Lパックなのか知ってる人は上級者だぜ)と、結婚おめでとうのマキコレのスパークリングワインを渡し、お礼にそのパックのジャスミン茶のお裾分け。いやいや、持参してるから(笑)

f:id:sotonominokioku:20180415165741j:image

小豚少なめ 野菜少なめアブラ

ド乳化。みりんの甘みとにんにく漂う、しっかりカラメプースー。キャベツ比が半端ない野菜はかなりシャキ。巻きバラはホロホロ。アブラは甘く柔らかい。ブヨデロ麺はお久しぶり。嗚呼、札幌二郎。

f:id:sotonominokioku:20180415170921j:image

先週もゴルフで東京、そして明日は会議で東京。社長業も忙しいな(笑)100切れる様になったら、勝負を申し込むから覚悟しとけよ。

 

頑なにゴルフを拒むイザー氏。頑なに剣道やってるイザー氏。多分嫁NGなんですよなイザー氏(笑)JJ、今度はもろはくで飲もうね!

 

もろはく@札幌

f:id:sotonominokioku:20180414163909j:image

札幌に来たら、必ず寄らねばならない店が二つある。1つはこちら。大盛況。なんとか空いてたカウンターに腰掛ける。

f:id:sotonominokioku:20180414164001j:image

すごいお痩せになりましたね、と浜口さん。私みたいなのを覚えていていただき、ありがとうございます。

まず、パッと目に入った星泉から。2年前、奈良の酒屋さんのオススメで、ハマってた時期があったなと思い出し、条件反射的にオーダーしました。飲んでからスペックを知ったが、本醸造の良い所を集めたような酒。きっと値段も消費者思いなんだろうな。(バーでそんな事考えるのは野暮ですね)

f:id:sotonominokioku:20180414164634j:image

〆に美味いお燗が飲みたいなと、梅津のきもとを。24BYの山田です、今が一番いいかもですね、と浜口さん。

f:id:sotonominokioku:20180414164836j:image

さて、お開きにしよう…と思ってたら、お隣にキャピキャピの女の子が。。。3分ほど悩みに悩んでオーダーしたのが、ソガの6号。それだけ悩んで、なぜソガにしたのが聞きたくて、頼んでしまった。

 

答えは、ラベルとかがなんとなくお洒落で可愛かったから、だそうです。いいんだよ、それで!

 

福ちゃん@札幌

f:id:sotonominokioku:20180414154313j:image

超私的聖地巡礼的な。

f:id:sotonominokioku:20180414154418j:image

とりあえずルービー。

f:id:sotonominokioku:20180414154440j:image

すぐお通しだしますからね、とマグロ山かけとミニおでんをいただく。

f:id:sotonominokioku:20180414154608j:image

ビール終了で、お隣さんから美味いよ!と教えていただいた北の錦を。おススメいただいた時点でもう美味いんですよ。

f:id:sotonominokioku:20180414155646j:image

メニューが見当たらなく、ツマミが頼めなくて、次の日になって、明太たまごを頼むのを忘れた!と気付く。宿題だな。

 

しかし、この街の人はみんな野球が好きね。ママさんは日ハムが来るまで、生粋の阪神ファンだったそうで、裏で流れてた阪神戦の藤浪に喝ッ!を入れてた。頑張れ藤浪。大谷も頑張ってるぞ。